ロンバルディア州での最初Covid-19感染者に気がついてから、もう3ヶ月がたとうとしております。たちまち街閉鎖や外出禁止などの措置がとられ、さらにはイタリア全土がロックダウンとなりました。

 私の住むクレモーナでは、多くの死者が出て、ベルガモ、ブレーシャ、ピアチェンツァなど隣接する県でも犠牲者が沢山でました。

 慢性肺疾患持ちの私は、恐怖でいっぱいの日々を過ごしました。今でもそれは変わりませんが、最近は、救急車の音も殆ど聞くことがなくなり、町中にも人が出て平常に戻りつつあります。

 今週からは、いろいろな規制が前倒しで解除され(経済的に厳しいことに気がついたらしい。)、州内の移動は自由になり、移動の際に必要だった自己申告書の携帯も州内の移動においては、不必要になりました。

 生活必需品以外のお店も再開しました。私は先週末に、約三ヶ月ぶりくらいにスーパーへ行きました。マスクと手袋着用で、入り口では入場制限がありましたが、そんなに待たなくで済みました。入り口で体温測定をされ、消毒液をもらい手を消毒、そしてさらにスーパーの提供する手袋を自前の手袋の上にするといった徹底ぶりでした。

 ただ店内は比較的混んでいて、ちょっと嫌な感じでした。焦ってお買い物したので疲れました。先週末は、スーパーでも生活必需品以外のものは販売禁止で不便でしたが、今は、もう普通にお買い物ができると思います。

 日本は、なんとか食い止めて元の生活に戻れそうで、安心しました。ただ700名を超える死者が出ていることもあるので、複雑な気持ちでおります。

 このままイタリアも日本も落ち着いていくことを祈るばかりです。

DSC_0002
DSC_0001_optimized

最近は、ショートブレッドを作っております。卵を使わないお菓子のレシピを模索中です。