Siamo gatti cremonesi ♪

ヴァイオリンの聖地クレモーナで弦楽器製作をしています。日々の生活を綴ります。

ヴァイオリン、ヴィオラのオーダー承ります。クレモーナで一台一台愛情込めて製作しています。詳細はお問い合わせください。

昨日は、日本領事館に用があり、ミラノに行ってきました‌。

今年にオープンしたスタバに寄って来ました。おしゃれでテンション上がりました。最近、どんより湿気が多く寒い冬になり、いろいろとブルーになっていたのですが、スタバの活気に元気をいただきました。

DSC_0036
DSC_0028
DSC_0055
DSC_0059

思ったよりも並ばす、しかもゆっくりできました。ミラノへいらっしゃる方に、おすすめのスポットです

今日は、XRFの授業がありました。あまり時間はなかったのですが、少しだけデータをとることもしてみました。先生が行っている研究のデータを見せていただいたり、とても楽しい時間でした。

宝石や貴金属鑑定には、XRF やSEMが使わているそうで、鑑定目が無くとも直ぐに金属の種類や宝石の種類が分かってしまうそうです。凄い便利な時代だなと感じます。ダイアモンドとジルコニアは、SEMを使うと一瞬で見分けられるそうです。最近のジルコニアは、クオリティーが高くて見分けるのが難しいと聞いたことがあるのですが、科学の力は凄いですね。

ヴァイオリンも例えばクレモナの700年代の名器には、ある一定の特徴があり、これからの研究でさらに分かっていくと思います。とても興味深いです。プロテインに関する新しい研究方法もあるそうで、凄いなと思います。もっと科学が進歩して、エセ鑑定士の嘘を暴いて欲しいです(笑)。とにかく、科学的な根拠に基づく研究は、面白いなと、最近感じます。

DSC_0045

ストラディヴァーリやグァルネーリなどの名器は、度重なる演奏やメンテナンスでオリジナルのニスや下地が残っていないものがほとんどですが、こちらの700年代のクレモナの楽器は、寸法が小さいためか、近年は弾かれることなく、某財団に保管されていたので、オリジナルのニスや下地が残っていて、とても興味深いです。まだまだ研究途中なのですが、この先が楽しみです。

PA058970

先日の授業。デンドロクロノロジーア、表板の年代特定のソフトの使い方をお教えいただきました。グランデ マエストロ・カールソン、やはり凄い方だなと感じました。マエストロ・カールソンとマエストロ・ニューマンの授業を受けることができて、本当に幸せです。


このページのトップヘ